【大阪】心理カウンセリング  横岩浩一カウンセラー 公式サイト

横岩 浩一 プロフィール

心理カウンセラー  横岩 浩一(よこいわ こういち)のご紹介

横岩浩一カウンセラー

Koichi Yokoiwa

【資格】
・一般社団法人メンタルセラピスト協会認定 メンタルセラピスト検定免許

略歴

1961年、大阪で生まれる。
大学卒業後、在学中からアルバイトをしていた学習塾にそのまま就職。その後、学習塾の他、大検予備校、英語専門塾、大学受験予備校、外語専門学校という様々な教育現場において英語を中心に小学生から成人までを幅広く指導。
2017年、くれたけ心理相談室のカウンセラーとなる。

カウンセラーへの道のり

大学卒業後、27歳の時二つ目の就職先となった大検予備校にて、教育に携わる者としての生徒さん達に対する純粋な思いと、企業としての学校経営のあり方との間で大きな心理的葛藤を体験する出来事に遭遇しました。

その結果、社会人、そして教育者として、どのように生きていけばいいのかという自身に対する問いかけに、納得いく答えが出せなければ、人生を前に進めない状況に追い込まれたのでした。そして、その問いに答えを出すため、人間の究極的な正しい在り方を求めて、所謂「真理探求」ということを始めました。それは哲学、宗教、科学など様々な分野の書籍をひたすら読んで、自分なりに真理を探究し始めたということでしたが、その時に初めて 「深層心理学」に出会い、人間存在の奥深さ、人間として生きていくことの大変さ、そして素晴らしさを実感することが出来たのです。

そのような探求により、自分自身と他の全ての人達の本質的な人間性の純粋な部分を信じながら、前向きに生きて行くことが出来るようになりました。そして、その後ずっと「深層心理学」とそれを通じて知るようになっ た「カウンセリング」や「カウンセラー」という職業の素晴らしさにどんどん魅了され続け、やがて本腰を入れて勉強するようになり、心理カウンセラーとしての道を歩み始めました。

こんな一面もあります

趣味は ロック、ポップス系のバンド活動(主にボーカル、時々ギター)一人カラオケ

中学校時代からギターの弾き語りを始め、高校時代は軽音学部で“ディ-プパープル”のようなハードロックから“かぐや姫”や“風”のようなフォークソングを演奏する複数のバンドを掛け持ちしていまいた。大学時代は京都でバンド活動、オリジナル曲も作り、ライブハウスなどで演奏したりもしました。

現在は、7年ほど前にあった高校の同窓会での再会がきっかけで、当時の軽音仲間プラス共通の友人等で2ヶ月に1度位スタジオに入り、演奏し楽しんでいます。“ビートルズ”や“ポールマッカートニー&ウィングス”の曲が多いです。また、中学時代の友人が率いるバンドのクリスマスライブに、毎年ゲストとして出演させてもらい、そのバンドと共に歌わせてもらっています。やはり大勢の人達の前で歌うのは、すごく気持ちがいいです。横岩浩一カウンセラー

一人カラオケは、とにかく歌うことが楽しいということに加え、少しでも歌が上手くなりたいという思いから、飲み物もたのまずただひたすら練習として歌うという感じなのですが、初め難しかった曲が、上手く歌えるようになる過程に充実感を感じています。

練習の成果を試すために(実はプロシンガーになりたい気もあり)、日本テレビの「歌スタ」という深夜のオーデション番組にも応募し、予選を通過しテレビ出演もしました。かなりワクワクする体験となりました。

くれたけ総合窓口(受付時間 9:00 - 21:00) TEL 0120-03-5905 WEB予約は24時間受付中(土・日・祝日も開室)
※留守電の際は「お名前・電話番号」をお伝え下さい

PAGETOP