今回は2010年に公開された映画「十三人の刺客」を観て、そのストーリーの面白さや、各シーンの迫力とは別に、私がつくづく考えさせられたことを、述べさせていただきます。

まずはごく簡単にストーリーを紹介いたしますが、元 SMAP の稲垣吾郎さんが演じている残虐極まりない明石藩主松平斉韶(なりつぐ)が、次期江戸幕府将軍になることに決定したことを受け、この人物が将軍になれば日本の国自体がとんでもないことになるということで、この人物を討つために、自らの立場も命も投げ出し立ち上がった武士たちが、最終的には見事に本懐を遂げるというお話です。

この刺客となった武士たちは最初からたとえこの計画に成功しても、自分達は幕府から見れば逆賊であり、幕府によって捕らえられ打ち首になるということを承知の上で、決起するということでありまして、このような中心となる設定やストーリーはもちろん興奮と感動を与えてくれる面白い作品だと言えます。ただ私が今回お話しさせて頂きますのは、この映画を見事な悪役として彩ってくれている稲垣吾郎さん演じる松平斉韶の、全編を通して表現されているその人物像から考えさせられたことです。

上記しましたようにこの松平斉韶は非常に残忍な君主なのですが、それは自らの利益のためにエゴイスティックに他者を利用するというような類のものではなく、他者を傷つけること、殺すこと、そしてその過程で、他者が苦しみもがいている様子を見ること自体を面白がるというようなタイプの人物なのです。映画の初めはそのような斉韶の狂気ともいえる他者に対する残忍さが描かれているのですが、この斉韶を打つために立ち上がった刺客たちの集団との戦いの中では、その戦いの状況のスリルを心からワクワクして楽しんでいる姿が描かれてます。自らが追い込まれていく中でも、それに比例してワクワク度が高まっていくような姿が描かれているのです。

私にとってこの映画を見終わった後に残った最大の印象は、この斉韶のことであり、それはなぜ斉韶はこんな人間になってしまったのかということと、そのことと関係して人間にとって幸せとは何なのか、ということでした。

映画の内容から推察されることとしては、この斉韶は文字通り何不自由なく育ち、物質的に不自由がないだけではなく、立場上、幼い時から、自分の行動を咎められたり、制せられたり、行動の結果に対して罰を与えられたりするようなことが、一切なかったように思われます。ですから斉韶の他者に対する残忍極まりない仕打ちは、まるで幼い子供がカエルなどの小動物を傷つけて殺したりして面白がっているような行動と、同種のものであるように感じられました。通常であれば幼い頃に親など周りの大人から、そのような行動を含め、いろいろなことについて人間としてやってはいけないことについての教育として、叱られ、時には罰せられながら、私たちは大人になっていくわけですが、斉韶にはそのような環境はなかったように思われるのです。

つまり斉韶の人生には自分の手の届く範囲においては、制限、すなわち自分の前に立ちはだかる壁のようなものが一切なかったと言えるでしょう。私たち一般人は多くの制限や壁に囲まれて生きていて、少しでもそれらがなくなってくれればその分幸せになれると、心のどこかでを思っている傾向が大なり小なりあると思いますが、そのような制限や壁がない生育環境が斉韶をあのような残忍極まりない性格に仕立て上げたように私には思われます。

その点をさらに掘り下げて考えてみますと、私たち人間が幸せを感じるための大きな要因として、達成感というものが重要になってくると思われます。。人それぞれ目指す物事は違えど、目標や夢を叶えるために苦しみに耐えながら努力し、その結果として望むものや状況を自分のものにすることができた時、我々は大きな幸福感を感じることができると思われるのですが、このプロセスの前提になることとして、目指す物事には簡単には到達できないということが、挙げられるのではないでしょうか。

ごく簡単に入手できるものを手に入れても、大きな達成感には繋がらず、逆にハードルが高い目標ほど達成した時の喜びは大きいはずです。こう考えると、我々が達成感という一種の幸福感を感じるためには、目指す物事自体の価値に加え、達成の困難さ、つまり思うように前進することを妨げる壁や制限の存在が不可欠な要因となると言えるでしょう。。これはまた別の言い方をすれば、「手ごたえ」の必要性と言ってもいいでしょう。つまり目標を達成するまでの途上で、次々と立ちはだかる壁や制限を一つずつ乗り越えていくたびに我々は、生きている「手ごたえ」を感じ、最終目標に未だ達していない状況でも、「手ごたえ」を小さな幸福感として生きるエネルギーにしていきます。これはまた「充実感」とも言い換えられるでしょう。

そのようなことを考えた時斉韶は、制限や壁が存在しない分、「達成感」や「手ごたえ」あるいは「充実感」という意味での幸福感を感じることが幼い時から一切なかったのではないかと思われるのです。そしてそれに加え、壁や制限の大きさが時に我々に無力感や絶望感を与えたりしますが、そのような時に他の人達から与えられる、励ましや慰めや優しさを通じて、自分の中にも他の人に対する思いやりの気持ちや感謝の気持ちを、我々は育んでいくのだと思われます。

そしてそのような感情も幸福感を感じるために必要な要素だと考えられますので、斉韶はそのような点においても、幸福感を感じることができる精神を育むことができないまま大人になったと言えるのではないでしょうか。こう見てきますと、自分が楽しむために他者の気持ちや痛みや生命さえも何とも思わないエゴイズムの権化のような斉韶でありますが、どんなに自分勝手に行動しても、決して幸福感を得ることができなかったのではないかと思われます。それゆえに他者に対する残酷さもどんどんエスカレートしていったのだと考えられます。

そして私にとってこの映画の中で最も印象的だったシーンこそが、以上のような斉韶の人生について、端的に物語っているように思われました。

そのシーンとは、物語のクライマックスで斉韶が刺客に追い詰められ討ち果たされるシーンなのですが、死にゆく直前、肉体の苦痛と死への恐怖に喘ぎながらも、斉韶は最期に「今日が人生で一番楽しかった」というようなセリフを言い残してこの世を去るのでした。私はこのセリフを聞いて、斉韶が実はとても不幸な人生を歩んできたことの証のように感じられ、そのことから、「幸せ」ということに関して上記のようなことを色々と考えさせられたわけであります。

よく「神様は人が乗り越えられないような試練は与えない」などと言いますが、そうであったとしても、我々は試練など無いに越したことはないと考えてしまいがちです。しかし我々の「幸せ」の少なからぬ部分を占める「達成感」や「充実感」や「生きている手ごたえ」などは試練や壁、制限など、容易に思い通りにならないことがあって、初めて感じられるものであり、それ故それらは、我々の人生の不可欠な要素の一部であるのだと、私はこの斉韶の姿を通して、つくづく感じさせられたわけです。

最後になりましたが、松平斉韶という人物は実在していたものの、この映画のストーリー自体は全くのフィクションであります。ですから、ただの作り話の中の人物像から、上記のようなことを深く思索するのは見当違いだと思われる人もおられるかもしれません。しかし斉韶の死に際に、あのセリフを言わせるように設定した原作者あるいは映画製作者のどなたかは、斉韶を残酷すぎる憎まれるべき悪者として終わらせるのではなく、人間という存在の真実について何らかのメッセージを伝えるための媒体として描きたかったのだと、私には感じられるのです。